のりつぐブログ

鉄道(主に名鉄),航空機に関するブログです。過去の記事も更新しますので,良ければ見返してみてください ✌︎('ω'✌︎ )

【惜別】さらば、ロクマル。【EF60 19】

f:id:noritugu2:20220427075944j:image

●2008年1月7日 ゆとりを牽引する国鉄色2灯シールドビーム時代の19号機。

 

 2022年4月26日、秋田車両センターにおいて遂に最後まで現役だったEF6019の解体が始まりました。

 

 1986年に定期運用を離脱してから実に35年。唯一動態保存されていたEF60の19号機は国鉄・JR関係者有志により昭和から平成、令和へと引き継がれたことで多くのファンを惹きつけました。

 

f:id:noritugu2:20220427074842j:image

●2006年4月2日 奥利根号に入った、やすらぎ色時代の19号機。雨のせいか撮影者は誰もいなかった…

 

 私との出会いは2005年のEL&SL奥利根号。客車「やすらぎ」が廃車となった後も彼は一人ぼっちで未だに白いカラーを纏っていました。

 中京地区から上京してきた私はこんな古い機関車が、しかもEF55やEF58、SLのサブ的な存在として活躍していることに驚きました。

 この頃はもっぱら奥利根号で高崎⇄上野の運用についていたように思います。

 

f:id:noritugu2:20220427082608j:image

●2015年11月14日 ホキを牽引する19号機。ライトが1灯となった。

 

 てっきりイベント専用機かと思われていたEF60ですが、驚くべきは通常の保全業務にも現役で運用されていたこと。車体を汚してホキやチキを牽引する様は、もはや往年の姿?イベントでは見れない空気感や緊張感がありました。

 

f:id:noritugu2:20220427075920j:image

● 2016年7月21日 高崎に現れた工臨。チ・チキ・チを牽くのは珍しい?

 

 個人的には、働き始めてからは工臨の方が撮影機会が増えました。基本的に平休日問わず日中が仕事のため夜の方が動きやすく、熊谷の大御所○ットオフ氏とともに高崎・桐生・吹上を夜な夜な彷徨いました。

 

 1986年に廃車となっていたら会えなかったであろう、EF60という存在。この19号機のお陰でその歴史の一部に繋がれたと言えます。1両1形式の彼が令和まで動く姿が見られたのは、関係者の並々ならぬ努力があってこそだと思います。

 新製から丸60年、遂にその歴史に幕を閉じました。

 

 

【EF60 19の変遷】

1962年 新製

1986年 やすらぎ指定牽引機

1988年 アメリカントレイン指定牽引機

1989年 再度、やすらぎ指定牽引機

2007年 国鉄色

2010年 ヘッドライトが1灯式に

2019年 廃車となり秋田へ

2022年 解体

 


TOMIX Nゲージ EF60-0形 19号機・復活国鉄色・B 7129 鉄道模型 電気機関車

白帯復活!?蒲郡線6011F

f:id:noritugu2:20220416185450j:image

●2022年4月16日 3扉車である6000系(6011F)に施された白帯。

 

6000系の白帯車。

7700系が無くなった今、名鉄ファンなら誰しもが一度は妄想したであろう。

まさかそれが現実になるとは。

 

 今回、西尾市蒲郡市の観光推進事業の一環として、2022年3月19日から5月9日の期間限定で6000系蒲郡線ワンマン仕様車に白帯が施されることとなりました。

 

f:id:noritugu2:20220417002340j:image

●2022年4月16日  新緑の風景の中、スカーレット白帯が映える。

 

 名鉄において白帯が巻かれるということは有料特急(座席指定)の意味をなし、かつては7000系や7700系が行っていた優等列車にのみ与えられていた、いわばSR車の全盛期を象徴するもの。

 今回の企画には7700系に前面デザインが酷似している6000系に白羽の矢が経ちました。

 

f:id:noritugu2:20220417002022j:image

●2010年1月5日 本家の白帯車だった7700系。晩年はイベントの為7711Fのみ白帯が復活した。

 

 もちろん歴史的に見ると、3扉車の白帯(有料特急)は存在しないため、古参の名鉄ファンからはパラレルワールド的な扱いにはなります。

 しかし7700系と同じ2両編成でもあり、蒲郡線の風景と合わせて見ると、支線特急をこなしている様な当時の面影を感じることができる…気もします。

 期間限定ということもあり、早めに抑えたかったこの列車をこの日のみの弾丸撮影。出来ることならまた近々蒲郡線を訪れたいところです。

 

f:id:noritugu2:20220417003455j:image

●2022年4月16日 蒲郡線内は特急板を模した「にしがま号」の緑板を掲げて運用されている。

 

(▼7700系の本線運用の記事はこちら)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2019/07/18/142444

 

(▼白帯車7039Fの記事はこちら)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2021/12/08/235337

 

万博輸送の救済車!静岡区113系!

f:id:noritugu2:20220218140200j:image

●2005年 白昼堂々、東海道本線を走る113系10連

 

2005年の愛知万博輸送への車両不足に対応するため、静岡車両区の113系6連(LL4・5編成)と4連(L26・28編成)の各2本ずつが神領区に貸し出されることとなりました。

 

注目すべきはその送り込み回送。

なんと白昼堂々、東海道本線を下ってくるらしいとの事で仲間内で三河三谷のみかん山へ。

予定通りやってきた113系10連は、現役さながらの爆音で通過!回送が勿体無いほどでした。

…ポイントの法面の工事が完了して綺麗すぎるのが残念でしたが(笑)

 

f:id:noritugu2:20220326110341j:image

●2005年3月7日 中央線の運用に就いたL26編成

 

やがて万博輸送が開始されると静岡区の113系神領区の113系と共通運用する形で運用されました。しかし当初は静岡区113系には入っていない行き先もあったらしく、編成によっては前面に紙で行き先を表示していた場合もあったようです。(上記のL26では高蔵寺は掲出されていましたが詳細不明)

 

そんな万博輸送でピンチヒッターを務めた113系も、神領区、静岡区ともにこれが最後の晴れ舞台となりました。


KATO Nゲージ 113系 湘南色 7両基本セット 10-1586 鉄道模型 電車

【終焉】JR東海211系0番台【元祖】

f:id:noritugu2:20220318154602j:image

●2021年3月18日 関西線の区間快速運用につくK51編成

 

2022年3月のダイヤ改正で、JR東海の象徴でもあった211系0番台2編成(K51.K52)が引退しました。

 211系0番台の登場は1986年の国鉄末期。JR東日本にも在籍しますが、JR東海に継承されたのはクモハを含む4両2編成。

 

 主な変遷としては、新製時は神領区所属でしたが、その後は長らく大垣区所属となり東海道本線の運用に従事。2011年には313系3000番台と入れ替わる形で大垣区から再び神領区に移籍。編成番号もC1.C2からK51.K52と変更されました。

 

f:id:noritugu2:20220318154625j:image

●2004年7月11日 新快速運用につく C2編成。

 

 313系デビュー当時は、同じ東海道線で運用されていた5000番台と共に普通運用をこなすイメージでしたが、2003年10月改正で突如として新快速運用に抜擢され大きな話題に。赤い種別幕を掲げて東海道本線を快走する姿には驚かされました。

 その後も、運用のバリエーションが増え異種併結を行う姿も見られるようになりました。

 

 

f:id:noritugu2:20220318203210j:image

●2010年3月 311系を従える区間快速も存在した。

 

 JR東海の211系0番台といえば、長らくファンの間でも疑問だった編成番号の逆転。なぜ第1編成の編成番号はK52編成(元C2編成)で、第2編成の編成番号は K51編成(元C1編成)なのか…

 これは新製配置の神領区から大垣区に転属のタイミングが第2編成のが早かったとか、転属後に何らかの理由で逆転したのか、など結局真相は未だ不明です。

 

f:id:noritugu2:20220323013128j:image

●2007年3月28日 313系と手を組む211系0番台

 

 時は2022年。そんな元祖211系も新型315系の登場によりついに終焉が…

 ダイヤ改正により引退した彼らは、3月7日に4+4の8両編成で浜松へと旅立ちました。今後の動向が気になるところです。

 


KATO Nゲージ 211系3000番台 長野色 スカート強化形 3両セット 10-1212 鉄道模型 電車

いざミャンマーへ!名鉄レールバス

f:id:noritugu2:20211122121959j:image

●2004年5月24日 大江にやってきたキハ23〜25。

 

 2004年3月をもって名鉄から非電化区間が消滅した事により、行き場を失った名鉄レールバス。運用を終えたキハ20(23〜25)は猿投、キハ30(31〜34)は舞木検車区にてそれぞれ留置されました。

 

 三河末端区間廃線から約2ヶ月後の5月24日未明、キハ20はデキ600のプッシュプルにて大江の留置線に輸送されました。私が大江に着いた時は岐阜方のみデキ600と連結したキハ20の姿がありました。

 

f:id:noritugu2:20211211184310j:image

●2004年5月24日 大江にレールバスがいるのはなんとも違和感がありました。

 

 どうやらミャンマー国鉄へ譲渡されるようで、築港線経由で大江埠頭への船積みのため輸送されたようでした。

 その後27日には大江埠頭へ移動し、JR貨物DD51-797とともに6月初旬には旅立って行きました。

 

f:id:noritugu2:20220214001937j:image

●2004年4月2日 廃線後、舞木検車区に佇むキハ30。

 

 一方、キハ20に遅れること5ヶ月。10月末にデキ400のプッシュプルにより大江にやってきたキハ30。

 同じくミャンマーへ向かうため、大江埠頭に留置されているのを確認しました。

 そして11月15日に船積みが行われ、ミャンマーへと旅立って行きました。

 

f:id:noritugu2:20220214002551j:image

●2004年10月27日 船積みのため、大江埠頭までやってきたキハ30。

 

 現在は皮肉にも1番最初に導入されたキハ10形(キハ15.16)だけが、渡航を免れ国内に残っているという状況。

 2007年には廃線となったくりはら田園電鉄ですが、このキハ10形も名鉄カラーのまま。稀にイベントでも動いているようなので、一度足を運んでみたいものです。

 

(▼三河山線(猿投〜西中金)廃線の記事はこちら)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2019/04/20/164059

 

(▼三河海線(碧南〜吉良吉田)廃線の記事はこちら)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2021/03/31/091016

 


ノスタルジック・トレイン 名古屋鉄道 三河線/八百津線前方展望 [DVD]

続・名鉄の新型機関車を追え! 〜EL120甲種輸送〜

f:id:noritugu2:20220126234917j:image

●2015年1月30日 築港線を行くEL120甲種。大江まで名臨海のDLが牽引。

 

(▼前回からの続き:名鉄の新型機関車を追え!)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2022/01/29/000000

 

 東海道線を下ってきた甲種は、笠寺から名古屋臨海鉄道のND5528により東港を経由して名鉄線内へ。大江到着後は、前日に送り込まれたデキ400を両端に連結し、出発の時を待ちます。

 

f:id:noritugu2:20220126234008j:image

●2015年1月31日 名鉄線内にやってきたEL120。前後にデキ400を連結し、その時を待つ。

 

 31日は、当時バリ鉄だった我が軍団長の結婚式。ここまで一緒に動いてきた仲間と共に一路豊橋へ。式の参列と二次会まできっちり済ませた後、再びEL120を追っかけるため名鉄線内へ。大江を発車した甲種を神宮前で迎え撃ち。神宮前でカメラを構えた礼服集団がいたら私たちかもしれません…笑

 

f:id:noritugu2:20220131220029j:image

●2015年1月31日 神宮前に到着した甲種。

 

 深夜に大江を出発した新型デキ甲種は金山で折り返し。豊明で小休止の後、未明に出発し舞木検車区に到着しました。

 

 ようやくお目見えした新型デキ。これからの活躍が楽しみでありながらも、青デキ引退へのカウントダウンが迫ってきたことを実感する出来事でした。

 

f:id:noritugu2:20220126234354j:image

●2015年2月1日 デキ400に挟まれ舞木検車区に回送されるEL120

 

 


※新製品 3月発売※名鉄EL120形 1700系回送列車セット(動力付き)【グリーンマックス・50702】「鉄道模型 Nゲージ」

 

名鉄の新型機関車を追え! 〜EL120甲種輸送〜

f:id:noritugu2:20211030183322j:image

●実に70年ぶりに現れた名鉄の新型デキ、EL120形。撮影会での一コマ。

 

 老朽化により実に72年ぶりに新製されることになった名鉄デキ。名鉄開業120周年の年に新製され、「EL120」と名づけられた新型機関車は、東芝の府中工場に姿を現した時から注目されていました。その姿は何処となく同時期に製造されたJR貨物のEH800形に似ています。

 

(▼72年ぶりの新型、EL120 の記事はこちら)

https://noritugu2.hatenablog.com/entry/2021/06/18/213126

 落成したEL120形2両(121.122)は2015年1月29〜2月1日にかけて名鉄甲種輸送されることとなりました。

 

f:id:noritugu2:20211030183508j:image

●2015年1月29日 東芝からDE10牽引で新鶴見に向かう。

 

 EL120は甲種輸送に際して、東海道本線で大阪方となる前面および側面の銀帯・ナンバーは白いテープで養生された状態で出場となりました。

 まずは新鶴見まではDE10-1664(新更新色)がエスコート。最後尾にはヨ8630が連結されています。ここから私は一足先へ名古屋へ…

 

f:id:noritugu2:20220127000252j:image

●2005年1月29日 深夜に現れたデキ400重連

 

 翌日の名鉄線内の輸送のため、デキ401.402が豊明から大江へと向かいます。途中、前後・本笠寺・堀田で通過待ちを行いながら金山折り返しで常滑線へと入ります。

 ここからは友人の車に便乗し、再び東海道本線へ。翌日にやってくるPF牽引の甲種を迎え撃ちます。

 

f:id:noritugu2:20211030183524j:image

●2015年1月30日 東海道本線EF65-2065がエスコート

 

 新鶴見からはEF65-2065が笠寺まで牽引。終日小雨が降る生憎の天気でしたが、真新しいスカーレットの車体は霞むことなく輝いていました。

 滅多にない私鉄機関車の甲種輸送とあって沿線にはかなりのファンが集まりました。

 

f:id:noritugu2:20211102031407j:image

●2015年1月30日 浜名湖鉄橋を渡るEL120。

 

 笠寺からは名古屋臨海鉄道線を経て、いよいよ名鉄線内に入ります。続く…

 

 

1/29【DE10 + EL120×2 + ヨ】

9795レ:北府中1116〜新座タ1219

9794レ:新座タ1337〜新鶴見信1426


1/30  【EF65-1046 + EL120×2 + ヨ】

9873レ:新鶴見信536〜横浜羽沢557

8863レ:横浜羽沢614〜沼津816

9863レ:沼津830〜笠寺1401

 

 


グリーンマックス Nゲージ 名鉄EL120形電気機関車 1両 M 単品 動力付き 30691 鉄道模型 電気機関車